泣けるので、タオルを持って鑑賞を(●´ω`●) オススメ映画10選(●´ω`●)

自分のオススメ映画を厳選した10作品m(__)m

洋画・邦画、ジャンルも問わず選んでいますが、

どれもオススメの映画で間違いなく泣けます(*´ω`*)

是非、まだ観ていない作品があればご鑑賞くださいm(__)m

 

10位 エリン・ブロコビッチ

巨大企業を相手に、史上最大級の集団訴訟に勝利した実在の人物、

エリン・ブロコビッチの活躍を描いたヒューマン・ドラマ。

無職のシングルマザー・エリンは、

交通事故をきっかけに強引にポジションを得た弁護士事務所で、

恐ろしい環境汚染の実態を知る。

正義感と情熱だけを武器に、

勝ち目の無い訴訟に敢然と挑む主人公を演じるジュリア・ロバーツの、

存在感は圧倒的の一言。

ユーモラスな上司を演じるアルバート・フィニーも素晴らしい。

(ヤフー映画解説)

貯金ゼロ、離婚歴2回、3人の子持ち。

弁護士の資格も経験もゼロ。

大貧乏な崖っぷち女が情熱と正義感だけで苦しむ人々の為に戦い、

巨大企業相手に全米史上最高額の和解額を勝ち取った、

感動の実話映画『エリン・ブロコビッチ』(原題: Erin Brockovich)

ジュリア・ロバーツはアカデミー主演女優賞を(●´ω`●)

彼女が出演している作品の中でも、やはり最高傑作と言えます♪

 

9位 ニュー・シネマ・パラダイス

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレによる、

映画史に残る至高の名作。

イタリアのシチリアを舞台に、

少年と映写技師が映画を通して心を通わせていく様を、

感動的な音楽と繊細な人物描写で描き出す。

映画に魅了された少年トト役を、サルヴァトーレ・カシオが愛くるしい演技で演じきった。

年齢を超えた友情や少年時代の夢など、

世代や時代を超えた人々に愛される物語に、

“映画の魔法”という名の感動が存分につまっている。(ヤフー映画解説)

なかなか後回しにしている人、

もしかしたらいるかも知れません(^_^;)

僕がそうでしたm(__)m

ネタバレしないですあ、ラストにはやられました(笑)

タオルが必要です(^_^;)

 

8位 スタンド・バイ・ミー

モダン・ホラーの帝王スティーヴン・キングの非ホラー短編を基に、R・ライナーが少年時代の想い出をさわやかに描き上げた名編。オレゴンの田舎町、行方不明になった少年の死体を見つけようと、ちょっとした冒険旅行に出かける4人の少年の姿を描く。

(ヤフー映画解説)

今で言う、中二病みたいな少年4人のお話(笑)

中学生だなぁーというところは共感できますが、

アメリカと日本の違いもあるのでその辺りは独特です(*´∀`*)

若いキーファー・サザーランドやリバー・フェニックスが出てるので、

ファンの方はそれだけでも必見です(●´ω`●)

 

7位 嫌われ松子の一生

『下妻物語』の中島哲也監督が、

山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化した異色のシンデレラストーリー。

壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、

川尻松子の波乱万丈な生き様をつづる。

教師からソープ嬢、殺人まで犯してしまう松子に『電車男』の中谷美紀がふんし、

転落人生を送る女性の悲哀をコミカルに演じる。

ベテラン俳優からお笑い芸人まで30人を超える豪華有名人の出演シーンも見逃せない。

(ヤフー映画解説)

中谷美紀さんのファンなので、

映画館で観たのをはっきり覚えていますm(__)m

良くも悪くも、ここまで壮絶な人生を歩まなくていけなかったのか?と、

ふと同情みたいな感情でウルウルとしましたm(__)m

原作もおすすめですよ(●´ω`●)

 

6位 セブン

キリスト教の“七つの大罪”になぞらえた奇怪な、

連続殺人事件を追う二人の刑事を描いたサイコ・サスペンスで、

アメリカ・日本ともに大ヒットを記録した。

凝りに凝ったオープニングが象徴するように、

デヴィッド・フィンチャーのスタイリッシュな画造りと、

ブラッド・ピット&モーガン・フリーマンの渋い演技が光る一編。

(ヤフー映画解説)

少し怖い映画に分類されますが、見応えがあり解説にもあるように、

二人の演技が素晴らしいすぎて(*´ω`*)

ラストの衝撃も壮絶ですm(__)m

 

5位 アルマゲドン

地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。

もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、

人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、

小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。

そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。

刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、

人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った!

(ヤフー映画解説)

この映画は友人宅で10人位集まり、

誕生日パーティーの時にプレゼントとして友人にDVDを渡した作品でもあります。

友人宅でせっかくなのでみんなで観ようと・・・

ほぼ全員酔っていました(笑)

だんだん、みんな集中し始め、

中盤以降誰も喋らず、

後半は鼻を啜る音があちこちで(笑)

終わってみれば全員で大号泣して大爆笑でした(^_^;)

恥ずかしかったなぁ(笑)

 

4位 レオン

「ニキータ」のリュック・ベッソンが初めてアメリカで製作した、

バイオレンス・アクション。

ニューヨークを舞台に、

凄腕の殺し屋レオンと12歳の少女マチルダの純愛と戦いを描く。

大都会の片隅で出会った孤独なふたりの葛藤と壮絶な、

アクション・シーンがほどよくブレンドされた佳作だが、

その功績は朴訥だが頼もしい、

J・レノと繊細でいてたくましいN・ポートマンの二人の魅力に負うところが大きい。

(ヤフー映画解説)

ナタリー・ポートマンの魅力というか、

才能がこの映画開花!

スターとしての片鱗をこの映画で十分に見せつけました。

ジャン・レノは悪役もヒーローもどちらも似合い、

今回のレオン役は言わばヒーローです。

切ないラスト、是非観てほしいです(*´ω`*)

 

3位 君の名は。

『星を追う子ども』『言の葉の庭』などの、

新海誠が監督と脚本を務めたアニメーション。

見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、

奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う。

キャラクターデザインに『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズなど、

の田中将賀、作画監督に『もののけ姫』などの安藤雅司、

ボイスキャストに『バクマン。』などの神木隆之介、

『舞妓はレディ』などの上白石萌音が名を連ねる。

ファンタスティックでスケール感に満ちあふれた物語や、

緻密で繊細なビジュアルにも圧倒される。

(ヤフー映画解説)

日本中でこの映画白に人いないですね(*´∀`*)

まぁ、物語・キャスト・音楽・映像・演出と全て言うことなし。

説明不要なのですが、

敢えて一言、

続編を頼む!!!(笑)

 

2位 タイタニック

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは、

上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、

二人は互いに惹かれ合う。

そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、

保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、

若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。

しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。

船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。

(ヤフー映画解説)

映画館で始めて観終わって、

最初の一言は「トイレに行きたい」(^_^;)(笑)

まぁ長い映画なんですが、長くてもコレッポッチも飽きないです。

世界中でこれだけの記録尽くしの映画ですが、

記録絡みでびっくりしたのが、

レオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞を取れなかったこと(^_^;)

映画は素晴らしいので、これ以上余計なことはやめておきます(^_^;)

 

1位 ショーシャンクの空に

妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。

初めは戸惑っていたが、

やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。

そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。

(ヤフー映画解説)

この映画は全くの無知のまま観てほしいです。

1位に選ぶからには、自分の感想や評価をちゃんと書け!!

と、お叱りを受けそうですが書きません。

既にみて解っている人は納得してくれるはずです。

一言だけ、

ただの感動ものではない映画ですm(__)m

 

 

10作品の紹介で大変ながくなってしまいました(^_^;)

最後まで読んでくれた読者様、感謝します(*´∀`*)

他の違うジャンルや、違う形式でもランキング記事書いていこうと思うので、

どうぞ、宜しくお願いしますm(__)m

 

 

※解説について

解説は、自分の解説よりもヤフー映画さんの解説を、

使用したほうが、より解りやすいと判断して、

載せていますm(__)m)

Yahoo!映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です